夏季熱海海上花火大会へのアクセス方法

この記事は2分で読めます

こんにちは、お出かけが大好きなルナです。

きょうは、夏季熱海海上花火大会へのアクセス方法を紹介します。

2017年は7月23日〜8月24日の期間で開催予定です。具体的な開催日は

7月23日、28日、8月5日、8日、18日、20日、24日 20:20〜20:50

となっています。

 

スポンサーリンク

主要駅から最寄駅へのアクセス方法

夏季熱海海上花火大会の会場は静岡県熱海市の親水公園(打ち上げ場所は熱海湾)です。

最寄駅は「JR熱海駅」です。

まずは周辺の主要駅から「熱海駅」までのアクセス方法を説明します。

 

静岡駅から熱海駅への行き方

静岡駅→熱海駅

「静岡駅」から『JR東海道本線』[熱海行]電車に乗り「熱海駅」まで向かいます。

ホームは[1・2番線]、「熱海駅」までは各駅停車で17駅、所要時間は約1時間13分です。

※「静岡駅」「熱海駅」間は『JR東海道新幹線』でも移動できます。

[こだま号]の[東京行]を利用すると、「熱海駅」まで3駅、所要時間は約38分です。

[ひかり号]は「熱海駅」に停車するものと、しないものがあるので注意してください。

 

東京駅から熱海駅への行き方

東京駅→熱海駅

「東京駅」から『JR東海道本線』[伊豆急下田/修善寺/伊東/沼津/熱海行]いずれかの電車に乗り「熱海駅」まで向かいます。

ホームは[9・10番線]、「熱海駅」までは[快速]で16駅、約1時間37分です。

※「東京駅」「熱海駅」間は『JR東海道新幹線』でも移動できます。

[こだま号]の[名古屋/新大阪方面]に乗車すると「熱海駅」までは4駅、約48分です。

[ひかり号]は「熱海駅」に停車するものと、しないものがあるので注意してください。

 

羽田空港から熱海駅への行き方

羽田空港国内線ターミナル駅(京急電鉄)→横浜駅

羽田空港の京急乗り場は第一・第二ターミナルどちらも地下1階にあります。

「羽田空港国内線ターミナル駅」からは『京急空港線』の[新逗子/金沢文庫/京急久里浜/浦賀行]いずれかの電車に乗り、「横浜駅」まで向かいます。

ホームは[1・2番線]「横浜駅」までは[急行]の利用で、11駅、所要時間は約28分です。

[2・3・5号車]に乗車しておくと、次の乗り換えがスムーズです。

 

横浜駅→熱海駅

「横浜駅」に着いたら、ホーム中央の階段、エスカレーターを下り[JR連絡口]を利用してJR線に乗り換えます。

「横浜駅」からは『JR東海道本線』[伊豆急下田/修善寺/伊東/沼津/熱海行]いずれかの電車に乗り「熱海駅」まで向かいます。

ホームは[5・6番線]「熱海駅」までは[快速]で12駅、約1時間10分です。

※「羽田空港」からのアクセスは「品川駅」で『JR東海道本線』に乗り換える方法もあります。

「品川駅」「熱海駅」間は[こだま号]の[名古屋/新大阪方面]に乗車すると3駅、約40分です。

[ひかり号]は「熱海駅」に停車するものと、しないものがあるので注意してください。

 

最寄駅から親水公園へのアクセス方法

「熱海駅」から会場の親水公園までは徒歩で約20分です。

「熱海駅」の出口は1ヶ所のみです。

駅を出たら、右前方の[仲見世名店街]アーケイド内を進みます。

アーケイドを抜けたら突き当りの道路を右折し、斜面を下る形で道なりに約900メートル進みます。

[熱海銀座商店街]の角に出たら左折し、海に向かって下る形で約300メートル進みます。

[国道135号線]を右折し、約200メートル進むと、会場の親水公園に到着します。

 

スポンサーリンク

まとめ

きょうは、夏季熱海海上花火大会のメイン会場へのアクセス方法について書いてきました。

この情報が少しでも役立つとうれしいです。

関連記事

アクセスカウンタ

  • 3今日の訪問者数:
  • 113昨日の訪問者数: