葛飾納涼花火大会会場へのアクセス方法

この記事は3分で読めます

こんにちは、お出かけが大好きなルナです。

きょうは、葛飾納涼花火大会へのアクセス方法を紹介します。

2017年の開催日は

7月25日(火) 19:20〜20:20

となっています。

 

スポンサーリンク

主要駅から最寄駅へのアクセス

葛飾納涼花火大会のメイン会場は葛飾区の柴又野球場(江戸川河川敷)です。

最寄り駅は『京成金町線』の「柴又駅」です。

まずは周辺の主要駅から「柴又駅」へのアクセス方法を説明します。

 

東京駅(JR)から柴又駅への行き方

東京駅→日暮里駅

「東京駅」では『JR山手線』の[上野・池袋方面内回り]電車に乗ります。

乗り場は[4番線]、「日暮里駅」までは各駅停車で6駅、約12分です。

先頭車両に乗っておくと次の乗り換えがスムーズです。

 

日暮里駅→日暮里駅(京成電鉄)

「日暮里駅」で[京成電鉄]に乗り換えます。所要時間は約3分です。

JRのホームからはエレベーターを使って上がると[京成線のりかえ口]につながっています。

エスカレーター利用の場合は、[北口][北改札]方面に乗ってください。

[南口]方面のエスカレーターに乗ると[京成線のりかえ口]に行けないので注意してください。

 

日暮里駅→京成高砂駅

「日暮里駅」から『京成本線』の[京成成田方面]の電車に乗り「京成高砂駅」まで向かいます。

「京成高砂駅」までは[快速]で3駅、所要時間は約13分です。

 

京成高砂駅→柴又駅

「京成高砂駅」から『京成金町線』の[京成金町方面]の電車に乗り「柴又駅」まで向かいます。

ホームは[5番線]、「柴又」までは各駅停車で1駅、所要時間約2分です。

 

新宿駅(JR)から柴又駅への行き方

新宿駅→日暮里駅

「新宿駅」から始発の『JR山手線』の[池袋・上野方面]の電車に乗り「日暮里駅」まで向かいます。

ホームは[15番線]「日暮里駅」までは各駅停車で10駅、所要時間は約21分です。

 

日暮里駅→日暮里駅(京成電鉄)

「日暮里駅」で[京成電鉄]に乗り換えます。所要時間は約3分です。

JRのホームからはエレベーターを使って上がると[京成線のりかえ口]につながっています。

エスカレーター利用の場合は、[北口][北改札]方面に乗ってください。

[南口]方面のエスカレーターに乗ると[京成線のりかえ口]に行けないので注意してください。

 

日暮里駅→京成高砂駅

「日暮里駅」から『京成本線』の[京成成田方面]の電車に乗り「京成高砂駅」まで向かいます。

「京成高砂駅」までは[快速]で3駅、所要時間は約13分です。

 

京成高砂駅→柴又駅

「京成高砂駅」から『京成金町線』の[京成金町方面]の電車に乗り「柴又駅」まで向かいます。

ホームは[5番線]、「柴又」までは各駅停車で1駅、所要時間約2分です。

 

羽田空港から柴又駅への行き方

羽田空港国内線ターミナル駅(京急電鉄)→京成高砂駅

羽田空港の京急乗り場は第一・第二ターミナルどちらも地下1階にあります。

「羽田空港国内線ターミナル駅」からは『京成空港線』の[京成高砂/印西牧の原/成田空港国際線ターミナル/印旛日本医大行き]いずれかの電車に乗り、「京成高砂駅」まで向かいます。

[特急]の利用で、30駅、所要時間は約1時間4分です。

 

京成高砂駅→柴又駅

「京成高砂駅」から『京成金町線』の[京成金町方面]の電車に乗り「柴又駅」まで向かいます。

ホームは[5番線]、「柴又」までは各駅停車で1駅、所要時間約2分です。

 

成田空港から柴又駅への行き方

成田空港駅(京成電鉄)→京成高砂駅

成田空港の京成電鉄乗り場は、第1ターミナル最寄りの「成田空港駅」、第2、第3ターミナル最寄りの「空港第2ビル駅」で、どちらも地下3階にあります。

「成田空港駅」からは『京成成田空港線』[京成高砂方面]の電車に乗り、「京成高砂駅」まで向かいます。

[特急]の利用で、14駅、所要時間は約1時3分です。

 

「空港第2ビル駅」は「成田空港駅」の次の駅になるので、「京成高砂駅」までは[特急]の利用で、13駅、約1時間です。

 

京成高砂駅→柴又駅

「京成高砂駅」から『京成金町線』の[京成金町方面]の電車に乗り「柴又駅」まで向かいます。

ホームは[5番線]、「柴又」までは各駅停車で1駅、所要時間約2分です。

 

スポンサーリンク

最寄駅から柴又野球場へのアクセス方法

「柴又駅」から花火大会会場の柴又球場までは徒歩で約10分です。

「柴又駅」を出たら[フーテンの寅像]側から、駅前の道を左に100メートルほど進みます。

次に[帝釈天参道]の交差点で左折し進み、1つ目の交差点[柴又帝釈天前]交差点を右折します。

そのまま道なりに約700メートル進むと柴又球場のある江戸川河川敷に到着します。

 

スポンサーリンク

まとめ

きょうは、葛飾納涼花火大会のメイン会場へのアクセス方法について書いてきました。

この情報が少しでも役立つことを願っています。

関連記事

アクセスカウンタ

  • 5今日の訪問者数:
  • 113昨日の訪問者数: