伊勢神宮奉納全国花火大会へのアクセス方法

この記事は3分で読めます

こんにちは、お出かけが大好きなルナです。

きょうは、伊勢神宮奉納全国花火大会会場へのアクセス方法を紹介します。

2017年の開催日は

7月15日(土) 19:20〜21:00

となっています。

 

スポンサーリンク

主要駅から最寄駅へのアクセス方法

伊勢神宮奉納花火大会の会場は三重県伊勢市宮川河畔です。

花火大会当日17時から、JR参宮線・近鉄山田線「伊勢市駅」より、会場に向かうシャトルバスが随時運行します。

まずは、周辺の主要駅から「伊勢市駅へのアクセス方法について説明します。

近鉄や、名鉄の特急は、乗車券(ICでも可)とは別に特急券や特別車両券(観光特急しまかぜ・青の交響曲など)が必要になるので、乗車までに駅の自動券売機か、販売所で購入しておく必要があります。

 

大阪(梅田駅)から伊勢市駅への行き方

梅田駅→なんば駅

「梅田駅」からは、『大阪市営地下鉄御堂筋線』[天王寺行き]に乗り、「なんば」まで向かいます。

「なんば」までは4駅、所要時間は約9分です。

 

なんば駅→大阪難波駅(近鉄)

次に徒歩で「なんば駅」から「大阪難波駅」に向かいます。

電車を降りたらホームの一番北側のほうへむかい、改札から出ます。

改札を出ると大きく[近鉄]の表示があるので、そのまま案内に従って進みます。

所要時間は約6分です。

 

大阪難波駅→伊勢市駅

「大阪難波駅」からは『近鉄難波線』の[賢島方面]行きの電車に乗り、「伊勢市駅」に向かいます。

「大阪難波駅」から、「伊勢市駅」まで[特急]で10駅、約1時間45分で到着します。(特急の種類によって停車駅、所要時間どちらも多少前後します)

 

四日市(近鉄)から伊勢市駅への行き方

四日市駅→伊勢市駅

「四日市駅」からは、『名古屋線』[伊勢・中川]方面の電車に乗り、「伊勢市駅」まで向かいます。

[特急]に乗ると、「伊勢市駅」まで5駅、約53分で到着します。(特急の種類によって停車駅、所要時間どちらも前後します)

 

中部国際セントレア空港から伊勢市駅への行き方

国内線到着ロビー→中部国際空港駅(名鉄)

国内線の到着ロビーから、『名鉄常滑・空港線』の乗り場に徒歩で向かいます。所要時間は3分ほどです。

到着ロビーを出たら正面案内板[電車]の表記に従って、右方向に進みます。

左方向に案内板が出てくるので、その下の自動扉を抜け、スロープを登れば、「中部国際空港駅」に到着します。

 

中部国際空港駅→名古屋駅

「中部国際セントレア空港」からは『名鉄空港線』の[名鉄岐阜行]に乗り、「名古屋駅」に向かいます。

[特急]の利用で、8駅約35分、[ミュースカイ※別途ミューチケットが必要]を利用すれば、3駅約28分で到着します。

 

名古屋駅→名古屋駅(近鉄)

「名鉄名古屋駅」と「近鉄名古屋駅」ホームは、到着した1番乗り場から連絡通路でつながっています。

 

名古屋駅→伊勢市駅

「名古屋駅」で『近鉄名古屋線』の[賢島方面]行きの電車に乗り、最寄駅である「伊勢市駅」に向かいます。

「名古屋駅」から、「伊勢市駅」までは[特急]で7駅、約80分で到着します。(特急の種類によって停車駅、所要時間どちらも前後します)

 

スポンサーリンク

最寄駅から伊勢市宮川河畔へのアクセス方法

最寄の「伊勢市駅」からは会場となる宮川河畔へ、17時より随時シャトルバスが運行しています。

しかし、混み具合によってはバスを使うより、徒歩で向かったほうがはやくなることもあります。

徒歩で向かう場合の経路を説明します。時間は約30分です。

「伊勢市駅」に着いたら、[JR]側の改札から出ます。近鉄を利用した場合でも2つの駅は繋がっているので、[JR]の改札を利用することができます。

「伊勢市駅」を出たら左に進み[伊勢市駅]の交差点で、左折します。

170メートルほど、[元町1]の交差点で、右折します。

そのまましばらく道なりに進み、[月夜見宮]を通り過ぎ、次の角で右折します。

[ローソン]に面した大通りに出たら、そのまま道なりに進みます。

約1.7キロで会場の宮川河畔(度会橋上流)に当到着します。

 

スポンサーリンク

まとめ

きょうは、伊勢神宮奉納全国花火大会会場のメイン会場へのアクセス方法について書いてきました。

この情報が少しでも役立つことを願っています。

関連記事

アクセスカウンタ

  • 0今日の訪問者数:
  • 89昨日の訪問者数: